e-消費者金融一覧.com

消費者金融の歴史と始まり

 

消費者金融は個人向けの融資に昭和4年、日本昼夜銀行が始まりとなりました。

 

審査の基準は25歳以上でエリート層にしか貸付を行っていなかった様です。融資の金額は50円から千円までとなっており、今の貨幣価値と比べると消費者金融の歴史の古さを感じますね。

 

ちなみに、昭和1年の公務員初任給75円。昭和4年のビールが55銭くらいです。

 

間に、戦争がはさんだ事によって消費者金融はなくなりましたが、戦後また消費者金融のブームとなった模様です。戦後の復興に消費者金融は時代のニーズにマッチしたのでしょう。

 

昔の消費者金融は、会社員を対象に貸付を行っていた会社が多かったのですが、現在では、アルバイトやパートなどの雇用形態でも申込みが出来る様になりました。

 

特に最近の消費者金融の傾向は、カードローン会社、銀行を問わず無店舗が増えてきています。インターネットやスマートフォンの普及により今後益々、無店舗型の消費者金融が増えていきそうです。

 

トップページで、消費者金融一覧を紹介しています。ぜひ、参考にしてください。
こちら>>消費者金融一覧